フレンズ

レベッカ、再結成ツアー、行けるものなら行きたいけど地元には来てくれない。

こういうのって大都市しかやらないから。

レベッカのコピーバンドやりたくて、キーボード習ったけどバンド結成には至らず。

でも、ミニ発表会では他の楽器クラスの生徒と寄せ鍋1日限定バンドでレベッカバービーボーイズの曲を演奏。

急な発表で全員が見事な練習不足気味ではあったがそれはそれで楽しかった。

 

TMNのてっちゃんの演奏時を見て「自分に酔ってるよ」と、

笑ってたがほぼ同じことをやっていたのだった。

そういうもんよ、自分がやるとね。

 

まだレベッカが全盛期、アルバムのレコーディングをしているのは知ってたけど

どばしゃんにバースデープレゼントを送った。

ドラム缶型の灰皿。

 

もちろん、本人の元に届くとは思わないでいたが本当に届いてしまったのだ。

アルバム発売してしばらくした頃に、

生サインの入ったハガキが届いた。

「プレゼントありがとう」

びっくりした。

 

それだけでも凄いことなんだけど、

さらに驚きが。

後にどばしゃんが書いた本、発売された頃に本屋さんにあるかなと行ったらあった。

もち、買うつもりではいたけどパラパラとめくってたあるページの写真。

「えっ?」

その写真に写ってたのは私がプレゼントした灰皿でした。

どばしゃん、私が本を絶対買うだろと

想定してこの写真使ったのか?

 

お礼のハガキだけでもびっくりしたけど、プレゼントした灰皿と同じ物が写ってる写真を載せるとは。

プレゼントを送る時に、「キーボードやってますぅ」みたいなこと書いたからな。

 

ちなみに私が持ってたキーボードは、

EOS発売前にてっちゃんがよく使ってたYAMAHA DX-7Ⅱ 、てっちゃんが使ってたのはこれにフロッピーディスクがついてるタイプで2万円くらい高い。

価格は私のでも28万円くらいでフロッピーディスクがついてるのは30万円くらい。

当時のバンドはキーボードがいるバンドが多くて、DX-7と背面にあるのを見たことがあると思いますが、

あれはアナログタイプ。

Ⅱはデジタル。

要はプロ仕様のキーボードです。

別売のアンプがないと音は出ません。

 

私は成人式の着物は持ってません。

その代わりがキーボードだったりしたわけです。

まあ、プロにはなれんかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする